【ベアボーンズ】2ルームテントやシェルターのメインランタンにおすすめ!

キャンプギア
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはどんなメインランタンを使っていますか?

キャンプの夜に欠かせないランタン。

オイルランタン、ガソリンランタン、LEDランタンなど

様々な種類のランタンがあり、

様々なデザインのランタンが販売られています。

テーブルを照らすランタン

火の揺らぎを楽しむオイルランタン

サイト全体明るくなるランタンなど

ランタンによって光量が違います。

今回は『メインランタンとして2ルームテントやシェルターにおすすめな ベアボーンズのランタン について』紹介します。

  • メインランタンが欲しい!
  • ベアボーンズのランタンって?
  • どんなおすすめがある?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

2ルームテントやシェルターにはどんなランタンが良いのか

2ルームランタンやシェルターなどは比較的にテント内が広いです。

そのため2、3個ランタンをテント上部に吊るすと

テント内全体を明るくすることができます。

1つのランタンで広いテントを明るくしようとすると、

テント内が外から透けてしまいます。

明るすぎるのも良くないです。

そこで1番おすすめなのが吊り下げ可能なLEDランタンです。

LEDランタンだと明るさの調節が可能です。

カラビナフックが付いており、

ランタンの光が下の方に行くほうが良いです。

ランタンは少なくとも2、3個くらい必要です。

そこで見つけたのが『ベアボーンズ ストリングライトLED』です。

スポンサーリンク

ベアボーンズとは

レイルロードランタンLED
出典:ベアボーンズ

2012年にアメリカのユタ州でロバート・ワークマンが創業したアウトドアブランドです。

2017年から日本でも取り扱いが開始され、

今までにないおしゃれなデザインのLEDランタンをはじめ、

日本でもすごく人気急上昇中のアウトドアブランドです。

LEDランタンの他に

ナイフ、鉈、斧の刃物類

焚き火台、食器類など様々販売されています。

スポンサーリンク

『ベアボーンズ ストリングライトLED』とは

  • ランタンサイズ:約11cm × 8.5cm
  • 重さ:約780g
  • 材質:鋼鉄
  • 光量:ロー40lm、ハイ250lm
  • カラー:レッド、カッパー、アンティークブロンズ

細かいサイズ

USB、スイッチから1個目のランタンまで:約300cm

ランタン間:約120cm

ランタンまで:約22cm

吊り下げ可能(1つ目のカラビナから3つ目のカラビナ):約240cm

USB挿入口からの全長:約540cm

おしゃれなエジソンタイプのミニLEDランタンが3つ連結されています

暖色でローモード、ハイモードと切り替えることができます。

本体自体に電源は付いておらず

USBでモバイルバッテリー、モバイル電源、コンセントなど

様々な給電ができます。

見た目がおしゃれ

とにかくおしゃれです。

形、カラーともにレトロ感があり、

テント内を一気におしゃれにしてくれます。

昼間使わない時でもインテリアとしても映えます

吊り下げ用のカラビナが付いている

専用のカラビナが付いているので、

別でカラビナを必要としません。

テントの上部に付いているランタン用フープに引っ掛けることができます。

またデイジーチェーンがあれば、

テントの上部どんなところにもランタンを吊り下げることができます。

【デイジーチェーンって?】キャンプの時にテント内で超便利なアイテム!

ハイ・ローと切り替えれる

ハイモードだと十分メインランタンとして使用することができます。

テント内を良い感じで明るくすることができます。

使用用途によってハイ・ローモードと

切り替えできるのはすごく良いです。

3つ連結なのでテント内全体が明るくなる

3つランタンがあるので、

広いテントでも全体を照らすことができます。

「同じランタンを3つ吊り下げれば良いのでは?」と思うかもしれませんが、

スイッチが1つにまとまっていて

ランタンからスイッチまでの長さがあるので、

テント上部に手を伸ばさなくてもオン・オフできます

別で電源が必須

ベアボーンズ ストリングライトLEDだけでは使用することができません

別でモバイルバッテリー、モバイル電源が必要です。

メリットと捉えるか、デメリットと捉えるか人それぞれですが、

個人的にはメリットの方が大きいです。

最近では新しい良いモバイルバッテリーが様々あります。

モバイルバッテリーの容量、機能、耐久性など自分の好みのものが選べます。

キャンプの度にランタンをギアケースから出し充電する手間がないです。

ランタン本体はギアケースに収納したままで、

モバイルバッテリーさえ充電して持って行けば良いです。

小さいテントではコードが邪魔になるかも

3つのランタンが繋がっているため、

1つだけランタンをつけることができません

ソロ用テントなどの小さいテントで使用する時にはコードが長すぎ、

ランタンが3つもいらないと思うかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

2ルームテント、シェルターにおすすめのメインランタンを紹介しました。

キャンプではランタンは必須アイテムです。

暗すぎるとキャンプが思うようにできないこともあります。

メインランタンはちゃんと用意しておきましょう!

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました