【初めての冬キャンプ】快適に楽しむための暖房必須アイテム5選!

キャンプ用品
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

夏も終わり秋、冬と寒くなってきます。

冬キャンプの準備の時期になりました。

初め冬キャンプをする方は特に

どれくらい寒い?防寒対策は?

と疑問を持つ方は多いと思います。

今回は『快適に楽しむための必須アイテム』を紹介したいと思います。

  • 何持って行けばいいかわからない
  • 初めての冬キャンプ
  • 冬キャンプ快適に過ごしたい
  • 防寒対策のおすすめは?

こんな方は参考にしてみてくだいさい。

僕は1番冬キャンプが好きです。笑

初めて行く方は「寒くて寒くて」と嫌な思い出にならないようにも

万全の防寒対策が大切です!

スポンサーリンク

1.焚き火台

冬キャンプと言ったら『焚き火』と思う方も多いのではないでしょうか。

焚き火を囲んでいるだけで体の芯が暖まります

さらに焚き火の炎を見ているとさらに暖まります。(視覚的にも)

焚き火は楽しく温まることができ、冬キャンプには『焚き火』は欠かせないのです。

そんな焚き火をするために必要な『焚き火台

初心者におすすめ焚き火台について紹介しています。

【焚き火を存分に満喫できる】コールマンのファイヤーディスクがおすすめ

また焚き火についても紹介しています。

ご一緒にご覧ください。

【キャンプ初心者必見!】焚き火必須道具9選!おすすめ道具も紹介!

スポンサーリンク

2.寝袋(シュラフ)

寝袋(シュラフ)は寝る時には絶対必要になります。

冬のキャンプ場は気温の低下、地面からの冷気でかなり冷えます。

シュラフがないととてもじゃないですが、寝ることはできません。

シュラフには封筒型、マミー型、エッグ型と種類があります。

冬キャンプでは基本的にはマミー型がおすすめです。

マミー型は頭もかぶることができ、体への密着性が高く、体温が外に逃げにくく暖かいです。

シュラフの適正温度を確認して購入することをおすすめします。

(中の羽毛の量が違います)

スポンサーリンク

3.灯油ストーブ

灯油ストーブがあるとかなり快適に過ごすことができます。

ストーブをつけながら寝ると全く寒さを感じずに寝れることができます。

テント内でストーブを使用する時は必ず十分に換気をしましょう!

暖まりながら天板の上で、お湯を沸かす他に簡単な調理をすることもできます。

おすすめの灯油ストーブは『アルパカストーブ』です。

詳しくはこちらもご覧ください。

【冬キャンプ】料理もできるくらいの高火力!アルパカストーブとは?

スポンサーリンク

4.湯たんぽ

「湯たんぽ、、?」

「ほんとに?」

そう思った方はぜひ使ってみて下さい。

シュラフの足元に入れるだけすごく暖かいです。

湯たんぽA(エース)』という湯たんぽは直接火にかけることができ、

12月のふもとっぱら(夜は0℃近い)でも朝まで暖かかったです。

低温やけどには十分注意して下さい!

スポンサーリンク

5.電気毛布

電気を使用するので電源サイトで使用するか、

モバイル電源が必要になります。

消費電力が少なくモバイル電源でも長く使うことができます。

すごく暖かい!て訳でもないですが、

膝の上に乗せたり、寝るときは下に敷いたりと使用できます。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

冬キャンプでの防寒対策は必ず必要です。

寒い中、焚き火や灯油ストーブで暖まるのがすごく楽しいです。

初めて行く冬キャンプが寒くて嫌な思い出にならないように

しっかりと防寒対策をして快適に冬キャンプを楽しんでください。

きっと冬キャンプの方が好き!と思うようになります。笑

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました