【夏キャンプ暑さ対策】大バズり!今話題のアイスネックとは?徹底レビュー!

キャンプギア
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんは今話題のアイスネックをご存知ですか?

アイスネックは、首に巻くことで、首を冷やすことができる暑さ対策アイテムです。

28℃以下で自然凍結する特殊な素材が使用されています。

最近ではダイソー、ワークマン、量販店、ホームセンターなど様々なところで、

アイスネック、コールドリング、クールリングなど様々な名前で販売されています。

基本的な作りや素材は同じだと思います。

これからの夏キャンプにすごく良いのではないかと思い、

僕はQoo10で購入し、使用してみました。

今回は『夏キャンプ暑さ対策!今話題のアイスネックとは?について』紹介します。

  • アイスネックって?
  • ちゃんと凍る?冷たい?
  • 実際どうなの?おすすめ?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただればと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

アイスネックとは?

  • サイズ:約17×15×2.5cm
  • 重量:約130g
  • 材質:TPU(熱可塑性ポリウレタン)、PCM(相交換物質)
  • 価格(税込):約1000円

設定温度を下回ると自然凍結する特殊な物質を採用しているネッククーラーです。

冷蔵庫や氷水で数分〜1時間程度とすぐに凍るので、

暑い夏キャンプで暑さ対策として大活躍します。

アイスネックについて詳しく紹介します。

PCM(相変化素材)を採用

PCMとは、Phase Change Material(相変化素材)の訳で、

個体から液体、液体から個体など相変化する際に潜熱(融解熱、凝固熱)を利用する素材です。

(※潜熱とは、相変化する際に吸収・放出する熱エネルギーのこと)

周囲が暑い時に熱を吸収(吸熱)し、寒い時には熱を放出(放熱)する特性があります。

24℃以下で自然凍結する

一般的な保冷剤は、冷凍庫(マイナス下)で半日〜1日くらいかけて凍らせますが、

アイスネックは、24℃以下で、30〜60分くらいで凍らせることができます。

(商品によって28℃以下や26℃以下など異なります)

キャンプ場など一度使用しても、クーラーボックスや氷水に30〜60分程度入れていたら、

再凍結し、何度も使用することができます。

自宅では冷蔵庫に入れて置くことをおすすめしますが、

キャンプに行く前に凍らすのを忘れていても、

キャンプ場の道中にクーラーボックスに入れておけば問題ないです。

軽量で首にフィットする

重量が約130gと軽量なので、

首に付けていても重さをあまり感じないです。

商品やサイズによって異なりますが、

意外に首にフィットするので、

キャンプで設営する時やアクティブに動く時でも外れにくいです。

キャンプ以外でもスポーツでもすごく良いと思います。

比較的に安価

今回僕はQoo10で税込1000円くらいのアイスネックを購入しました。

本家のアイスリングは約3000円ほどし、

すごく人気なので今入手困難です。

本家のアイスリング出なかったらAmazonで、1000〜2000円程度で購入することができます。

またダイソーやワークマンなどでも発売しているので、

ぜひ見つけた方は購入してみてください。

本家のアイスリングを使用したことはないですが、

使用している素材(PCM)は同じなので、

ほとんど同じような性能だと思います。

充電式のネッククーラーと比べても安価なので、

「この夏一度使ってみたい」という方でもおすすめです。

スポンサーリンク

実際使ってみて

保冷剤のような透明の液体が入っており、通常時は柔らかいです。

冷蔵庫に30分ほど入れていると、白く凍り、固まります。

すごく冷たい!までではないですが、

ひんやりと程よく冷たいです。

表面温度を計測すると、約22℃くらいでした。

(冷凍庫などもっと温度の低い状態で凍結させると、よりひんやりします)

体温が大体36℃くらいなので、

首につけると14℃の温度差があり、十分冷たさを感じます。

32℃の気温下で1時間ほど使用した状態がこちらです。

肌に触れている内側から溶け始めていますが、

完全には溶け切ってはおらず、

まだひんやり感が残っています。

結露が発生しにくいので、

服が濡れることがないのはすごく良いです。

使用する気温で異なりますが、

大体1時間半〜2時間ほどで完全に溶けてしまいそうです。

(外で使用した時は1時間ほどでした)

30分ほどで凍らせることができ、

2時間ほど使用することができるので、

2つあると、常に首を冷やし続けることができます。

スポンサーリンク

様々な凍らせ方

冷蔵庫

冷蔵庫に入れておけば、自然に凍るので、

一番手っ取り早く簡単です。

使用した後は綺麗に水洗いし、

使わない時は大体冷蔵庫に入れています。

冷蔵庫:30分程度で凍結

氷水

水に保冷剤を入れて氷水を作り、

アイスネックを入れてみます。

氷水の温度は11〜14℃くらいでした。

自宅ではあまりやらない方法ですが、

キャンプでは冷たい水や川水で冷やして、凍らせることが可能です。

氷水:30分程度で凍結

クーラーボックス

キャンプで一番想定されるシチュエーションだと思います。

保冷剤を1つ入れたクーラーボックスに

缶ドリンクを6本入れた状態でアイスネックを入れてみます。

クーラーボックス:1時間程度で凍結

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか。

夏キャンプ暑さ対策!今話題のアイスネックとは?について紹介しました。

アイスネックは、24℃以下ですぐ凍らせることができ、

最長で2時間程度ひんやりを持続することができるので、

非常に優秀な暑さ対策アイテムです。

大バズりしている理由がわかります。

1000〜3000円と比較的に安価なのも良いです。

ぜひ暑い夏キャンプで試してみてください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました