【TOKYO CRAFTS】ヒートリフレクター!熱を効率良く反射させる焚き火陣幕!

TOKYO CRAFTS
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはTOKYO CRAFTSの2022年新製品『ジカテーブル』『ジカマナイタ』をご存知ですか?

TOKYO CRAFTSは、大人気キャンプ系YouTuber『タナちゃんねる』のタナさんが代表を務める株式会社タナクロのアウトドアブランドです。

2022年8月、2022年新製品4アイテムが発表&先行発売され、

2022年10月に通常販売されました。

【TOKYO CRAFTS】2022年秋新製品4アイテム徹底紹介!一般販売開始!

2022年新製品4アイテム

  1. ミニローテーブル『ジカテーブル
  2. 脚付きまな板『ジカマナイタ
  3. ランタンハンガー『サンセットハンガー
  4. 焚き火陣幕『ヒートリフレクター

その中でもヒートリフレクターは、

「カッコ良く、軽量コンパクトな陣幕

「反射熱が暖かい、安価、頑丈な金属製リフレクター

の特徴を兼ね備えたハイブリッド焚き火陣幕です。

今回は『TOKYO CRAFTS新製品!熱を効率良く反射させる焚き火陣幕!ヒートリフレクターについて』徹底レビューします。

  • TOKYO CRAFTSの新製品「ヒートリフレクター」って?
  • 風防、陣幕、リフレクターが欲しい!
  • 実際どう?おすすめ?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

※TOKYO CRAFTS様よりご提供を受けています。

スポンサーリンク

TOKYO CRAFTS新製品『ヒートリフレクター』

出典:TOKYO CRAFTS
  • 使用サイズ:約160×150cm
  • 収納サイズ:約43×12×8cm
  • 重量:約1.2kg
  • 材質:綿、ステンレス、アルミ、ナイロン
  • セット内容:メインポール、サブポール、自在付きロープ、ペグ×4、ステンレスパネル×4、収納ケース、取扱説明書
  • 価格(税込):7980円

ステンレスの反射板を陣幕に取り付けた焚き火リフレクターです。

軽量コンパクト、見た目が良い」など特徴を持つ陣幕と、

反射熱が暖かい、安価、頑丈」など特徴を持つ金属製リフレクターの良いところを兼ね備えています。

ステンレスの反射板は、取り外し可能なので、

寒い時は取り付け、暑い時は付けず使用など

オールシーズン使用することができる焚き火リフレクターです。

年末年始セール開催中!10%OFF!

TOKYO CRAFTS新製品『ヒートリフレクター』について詳しく紹介します。

シックなブラックですごくカッコいい

陣幕の材質は、丈夫で燃えにくい帆布を採用しており、質感や風合いが良く、

カラーは、シックなブラックですごくカッコいいです。

外側に『TOKYO CRAFTS』ロゴがワンポイントあり、さらにカッコいいです。

ヒートリフレクターの中心にポールがあり、あまり見ない三角形の形状をしており、

スタイリッシュなデザインでどんなキャンプサイトにもマッチし、一気に締まって見えます。

特にブラックギアが好きな方には、たまらないカッコよさです。

焚き火を風から守り、プライバシーを確保できる

ヒートリフレクターは、焚き火台を囲うように設営するので、

前面やサイドからの風から焚き火を守ることができます。

三角形の形状でサイドが傾斜になっているので、サイドから多少は風の侵入はありますが、

間違いなく「あるか、ないか」で焚き火の安定感が異なります。

前面が目隠しになるので、プライバシーを確保しつつ焚き火を楽しむことができます。

特に地べたスタイルで使用すると、ヒートリフレクター高さが目線の高さ以上なので、

自分だけの空間(基地のような空間)で焚き火を楽しむことができます。

金属の反射板を取り付け可能(リフレクターに変身)

ヒートリフレクターの最大の特徴である「取り外し可能の金属板」が付属します。

薄いステンレス板が4枚付属し、陣幕の前面に取り付けることができるので、

陣幕から「陣幕兼リフレクター」に変身します。

前面にいってしまう焚き火の熱をステンレス板で反射させることで、

輻射熱を最大限に利用でき、暖房効果が向上します。

またステンレス板に焚き火の光も反射するので、

夜、小さな焚き火でも焚き火周りや手元を明るく照らしてくれます。

軽量コンパクト

重量は約1.2kg、収納サイズは約43×12×8cmなので、

重くかさばる金属製リフレクターと異なり、軽量コンパクトです。

メインポールやサブポールはアルミ製、金属板はステンレス製(薄い)を採用しており、

全て組み立て式なので、軽量でコンパクトに持ち運びすることができます。

専用の収納袋もブラックカラー&ロゴ付きでカッコいいです。

風に強く、倒れることがない

一般的な金属リフレクターは、立てているだけで風に弱いので、

ペグダウンしたり、陣幕と併用したりとする必要があります。

一方、ヒートリフレクターは、

ポール、ロープ、ペグダウンとしっかり設営しているので、

ある程度、耐風性はあり、焚き火ができるほどの風なら倒れることはないです。

ヒートリフレクター1つで2役(陣幕、リフレクター)の機能があり、

陣幕に金属板を取り付けることはすごく理に叶っているアイデアだと思います。

設営方法について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ヒートリフレクターの設営方法

収納袋から取り出す

セット内容は、幕(ロープ付き)、メインポール、サブポール、自在付きロープ、ペグ×4本です。

平らなところに幕を広げる

『TOKYO CRAFTS』ロゴがある方を上にして広げます。

(設営時はロゴが外側になります)

中心、両サイドをペグダウンする

まず中心をペグダウンし、

次に両サイドを少し上にずらし、仮でペグダウンします。

(最後に調節するので、大体でOK)

メインポールを差し込み、ロープを引っ掛ける

メインポールを組み立て、ピンがある方が上になるように幕本体の中心部分に差し込みます。

両サイドに付いているロープを引っ掛けます。

自在付きロープを引っ掛け、ペグダウンし、本体を立ち上げる

先ほどロープを引っ掛けたメインポールに、自在付きのロープを引っ掛け、

幕本体を立ち上げ少し離れたところにペグダウンします。

サブポールを取り付ける

細い方のサブポールを組み立て、上部のグロメットに両サイド取り付けます。

幕のたるみを無くすために両サイドを本ペグダウンする

はじめに仮でペグダウンした両サイドを、

たるみを無くなるように角度や張りを調整し、本ペグダウンします。

さらに上部サイドの自在で張りを調節します。

完成

ステンレス板の取り付け方法

4枚のステンレス板を下から取り付け、軽くしならせながら上も取り付けます。

ステンレス板は薄いので、

取り付ける際、簡単に曲がってしまうが、

逆に曲げることで、ある程度真っ直ぐになります。

さらに手を切ってしまう恐れがあるので、必ず手袋をしましょう。

スポンサーリンク

金属板をセットしたまま綺麗に収納する方法

金属板をセットしたまま収納袋に収納することができますが、

収納袋が少し小さいので、コツが入ります。

公式サイトのレビューでも「収納袋がもう少し大きい方が良い」などご意見がありましたので、

綺麗に収納する方法(コツ)を僕なりに紹介します。

金属板を表側にし、両サイドを折りたたみます。

下部を金属板に沿って折りたたみます。

両サイドを金属板1枚分折りたたみます。

上部を金属板に沿って折りたたみます。

さらに内側に折りたたみます。(大体金属板のサイズになる)

ゆとりがあるほどではないですが、収納袋に綺麗に入ります。

しっかり口を絞ることができます。

スポンサーリンク

オールシーズン使える機能的な陣幕

ヒートリフレクター1つあれば、夏キャンプから寒い冬キャンプまで、オールシーズン使用することができます。

暖かい季節は、金属板を取り外し、陣幕として使用し、

寒い季節は、金属板を取り付け、暖かいリフレクターとして使用することができます。

陣幕、リフレクターと別で用意する必要がなく、

すっきりとしたカッコいいキャンプサイトをレイアウトすることができます。

ぜひこれから寒い冬キャンプに大活躍する『ヒートリフレクター』をチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

TOKYO CRAFTS新製品!熱を効率良く反射させる焚き火陣幕!ヒートリフレクターについて徹底レビューしました。

ヒートリフレクターは、陣幕やリフレクターの特徴を兼ね備えており、

目隠し、風避け、暖房などオールシーズン使用することができる高機能な焚き火陣幕です。

特に冬のなるにつれて、寒くなっていくので、冬キャンプに大活躍します。

シックなブラックカラーでスタイリッシュ形状で、

どんなキャンプサイトにもマッチするので、

ぜひ参考にしていただき、試してみて頂きたいです。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました