【TOKYO CRAFTS】唯一無二のデザイン!曲線が美しいサンセットハンガー!

TOKYO CRAFTS
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはTOKYO CRAFTSの2022年新製品『ジカテーブル』『ジカマナイタ』をご存知ですか?

TOKYO CRAFTSは、大人気キャンプ系YouTuber『タナちゃんねる』のタナさんが代表を務める株式会社タナクロのアウトドアブランドです。

2022年8月、2022年新製品4アイテムが発表&先行発売され、

2022年10月に通常販売されました。

【TOKYO CRAFTS】2022年秋新製品4アイテム徹底紹介!一般販売開始!

2022年新製品4アイテム

  1. ミニローテーブル『ジカテーブル
  2. 脚付きまな板『ジカマナイタ
  3. ランタンハンガー『サンセットハンガー
  4. 焚き火陣幕『ヒートリフレクター

その中でもサンセットハンガーは、

唯一無二のデザインで、曲線が美しくキャンプサイトにすごく映えるランタンハンガーです。

デザインだけでなく、軽量でコンパクトに収納することができるので、携帯性にも優れています。

今回は『TOKYO CRAFTS新製品!唯一無二のデザイン!曲線が美しいサンセットハンガーについて』徹底レビューします。

  • TOKYO CRAFTSの新製品「サンセットハンガー」って?
  • ランタンスタンドやランタンハンガーが欲しい!
  • 実際どう?おすすめ?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

※TOKYO CRAFTS様よりご提供を受けています。

スポンサーリンク

TOKYO CRAFTS新製品『サンセットハンガー』

出典:TOKYO CRAFTS
  • 使用サイズ:約H130〜160cm
  • 収納サイズ:約45×11×4cm
  • 重量:約495g
  • 耐荷重:約1kg
  • 材質:アルミ、ステンレス、ナイロン
  • セット内容:ポール、ベルト、収納ケース、取扱説明書
  • 価格(税込):7980円

吊り下げるランタンによって角度を変える組み立て式のランタンハンガーです。

ベルトでテンションを掛けることで、

メインポールの曲げ角度やランタンフックの高さを調節ができ、

曲がった曲線形状が美しく、キャンプサイトをおしゃれに照らしてくれます。

デザイン性だけではなく、

軽量コンパクトな携帯性、ループ付きベルトなど機能性に優れた

今までにない唯一無二のランタンハンガーです。

TOKYO CRAFTS新製品『サンセットハンガー』について詳しく紹介します。

曲線が美しいデザイン

メインポールを曲げるという今までにないようなデザインで、

その曲線が美しく、すごくおしゃれなデザインです。

サンセットハンガーの曲線の美しさは、組み立て&設営することによりはじめてわかります。

無骨なキャンプサイトに曲線美のアクセントがすごく映え、

キャンプサイトをすごくおしゃれに照らしてくれます

さらに曲線形状により、ランタンを自分の真上に吊り下げることができ、

手元など欲しいところを照らすことができます。

軽量コンパクト

ランタンハンガーやランタンスタンドは、

頑丈なスチール製の重量のあるもの、組み立て式でも収納サイズが大きいものなど様々あります。

サンセットハンガーは、組み立て式のランタンハンガーで、

重量は約495g、収納サイズは約45×11×4cmと軽量コンパクトです。

メインポールが丈夫で軽量なアルミ合金で、4分割に折りたたむことができます。

ランタンハンガーやランタンスタンドは、長物で収納や積載に困りがちですが、

ここまで軽量コンパクトだと、ギアバックやギアコンテナだけでなく、

バックパックにも収納することができるので、

かさばらずに簡単に持ち運ぶことができます。

もちろん専用の収納袋付きです。

組み立て、設営が簡単

地面に打ち込むだけのランタンハンガーやランタンスタンドと比べると、

多少組み立てや設営の手間があるかもしれませんが、

設営自体はすごく簡単です。

後ほど詳しく紹介しますが、簡単に説明すると、

地面に金具を固定し、メインポールを差し込み、ベルトを取り付け、ベルトの張り調整すれば完成です。

ショックコードで繋がっているメインポール、ベルト、金具の3つしか部品がないので、

はじめて使用する方でも感覚的に設営することができます。

(別でペグが2本必要です)

好みの角度や高さに調節できる

メインポールの曲げて固定するためにベルトがあり、

ベルトを絞ったり、緩めたりすることで、

メインポールの曲がり角度ランタンフックの高さを、無段階で調節することができます。

ポールとフックの距離が近いと、傘が大きなLEDランタンは掛けることができませんが、

サンセットハンガーだと曲がり角度を調節することで、

ポールに接触せずにLEDランタンを吊り下げることができます。

さらに地べたスタイルやロースタイル、ハイスタイルによって明かりの高さを調整することができ、

様々なスタイルに合った、好みの高さから照らすことができます。

ループ付きベルトがすごく便利

先ほど紹介したメインポールの曲げて固定するために必要なベルトに、ループがたくさん付いています

通常メインポール先端にしかランタンフックはないですが、

ベルトにもランタンを吊り下げることができます。

さらに焚き火周りで使用する火ばさみや火吹き棒など、小物ギアを引っ掛けることもできます。

(ベルトの耐荷重は約1kg)

ベルトにループがあるだけで、便利さが格段に向上します。

スポンサーリンク

サンセットハンガーの組み立て、設営方法

収納袋から取り出す

セット内容は、メインポール、ループ付きベルト、固定金具です。

ペグが別で2本必要です。(40cm以上が望ましい)

固定金具をペグで固定する

設営する場所を決め、固定金具を写真のように置きます。

(爪のような部分がランタンフックと同じ方向です)

まず真ん中の穴にペグ(40cm以上)を打ち込み、固定金具自体を固定します。

次に、回転防止用のために写真の方の穴にペグを打ち込みます。

(2つペグを打ち込むことで、しっかり固定され回転するのを防ぎます)

メインポールを組み立て、固定金具に差し込む

ベルトを引っ掛け、張りを調節する

完成

スポンサーリンク

注意点:LEDランタンのみ、耐荷重は1kg

サンセットハンガーに吊り下げることができるランタンは、LEDランタンのみとなっております。

オイルランタンやガスランタンなど、燃料を使用するランタンは使用しないようにしましょう

またランタンフックの耐荷重は1kgです。

1kgを超えるLEDランタンはそれほど多くなく、

比較的大きなベアボーンズのレイロードランタン(960g)でも吊り下げることができます。

ランタンフックはカラビナのようになっており、簡単に外れて落下することはないですが、

メインポールが曲線形状になっているので、

過剰な負荷を与えてしまうと折れてしまう場合があります。

デザイン性、機能性、携帯性に優れたランタンハンガー

一見、曲線形状が美しいデザイン性に特化したランタンハンガーかと思いますが、

実際手に取り、キャンプで使用してみると、

デザイン性だけでなく、機能性や携帯性にも優れてることがわかります。

メインポールの曲がり角度やランタンフックの高さを調節できたり、

ベルトに様々な小物ギアを引っ掛けたりできるなど、

他のランタンポールにあまりないような汎用性があります。

また収納状態ではランタンハンガーとは思わないような軽量コンパクトさで、

収納や持ち運びがすごくしやすいです。

すごくこだわりが詰まっているおすすめのランタンハンガーです。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

TOKYO CRAFTS新製品!唯一無二のデザイン!曲線が美しいサンセットハンガーについて紹介しました。

サンセットハンガーは、どんなキャンプサイトにもマッチするシンプルなブラックカラーながら、

曲線形状が美しいおしゃれなデザインです。

デザイン性、機能性、携帯性に優れたおすすめのランタンハンガーです。

ランタンハンガーをお探しの方はぜひチェックしてみてください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました