【缶クーラー】重厚感があってカッコいい!イエティのコルスターが保冷力最強!

キャンプ用品
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはイエティの缶クーラーをご存知ですか?

缶クーラーは一般的なサイズ(350ml、500ml)の缶をすっぽり入れることができ、

キンキンに冷えたビールやジュースが冷えないように保つことができます。

暑い日の夏キャンプですごく重宝する必須アイテムです。

2022年夏最新!缶クーラーおすすめ7種の保冷力最強は?徹底比較!

また保冷機能以外にも結露が発生しにくいので、

キャンプ以外にも自宅でも重宝します。

イエティの缶クーラーは、

マットな質感で重厚感があり、すごくカッコよく大人気です。

今回は『イエティの缶クーラー ランブラーコルスターについて』紹介します。

  • イエティって?
  • イエティの缶クーラーって?
  • 保冷力はどのくらいあるの?
  • 実際どうなの?おすすめ?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

『YETI(イエティ)』とは

出典:YETI

YETI(イエティ)は、

2006年にアメリカのテキサス州で設立されたブランドで、

クーラーボックスやタンブラーなどを取り扱っています。

YETI(イエティ)というと、

高保冷力で、すごく頑丈なクーラーボックスが有名です。

出典:YETI

昔からアウトドアが大好きだったサンダース兄弟(創業者)

当時使用していたクーラーボックスは、

取手や金具が取れたり、蓋が凹んだりとすごく脆かったそうです。

シーズンごとに買い替えるのが面倒で、

楽しい時間を無駄にしてしまっていたのです。

その不満を解決するために、

毎日使っても壊れない一生物のクーラーボックスを作ろう!」となったそうです。

コストを抑えるのではなく、品質を一番に考え、

耐久性がある高品質のクーラーボックスを作り上げたのです。

出典:YETI

耐久性、品質を求めるアウトドア愛好家が多く、

今ではクーラーバッグ、タンブラーなども大人気です。

出典:YETI
スポンサーリンク

イエティ 缶クーラー『ランブラーコルスター2.0』とは

  • サイズ(外寸):約直径7.5×11.5cm
  • サイズ(内寸):約直径6.5×10cm
  • 重量:約248g
  • 対応容量:缶350ml

イエティから発売されている真空保冷の缶クーラーです。

暑い日でも缶ドリンクを冷たく保つことができます。

出典:YETI

重厚感、高級感がある

シンプルなデザインですが、

マットな質感ですごく高級感がありカッコいいです。

『YETI』のロゴがさらに高級感を高めてくれます。

持ってみるとズシっと重厚感があり、

落としてしまっても簡単には壊れないと思います。

真空断熱構造

真空断熱構造とは、

保冷力や保温力を高めるため外側、内側と2層構造にし、

間を真空状態にしたもののことを言います。

真空状態では空気の分子が存在しないので、

熱伝導がほとんどなく、放熱するのを防ぐことができます。

さらに結露を防ぐこともできます。

ホールドできる蓋が付いてる

缶を入れて蓋を被せることで、

缶をホールドすることができます。

缶との接地面にパッキンが付いてるので、

ホールド力が増し、逆さまにしても缶クーラーから落ちることはありません。

さらに結露を最大限に防ぐことができ、

水滴が缶クーラーの中に入るのを防ぎます。

瓶ビールも入れられる

海外の瓶ビール(コロナビール、ハイネケンなど)を入れることもできます。

瓶のサイズによってホールド力が違い、

参考にバドワイザー、ハイネケンはそのまま抜けてしまいます。

瓶ビールをよく飲む方にもおすすめです。

カラーバリエーションが豊富

ステンレス、グリーン以外にもブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、オリーブなど

カラーバリエーションが豊富です。

好みのカラーを選ぶことができ、

家族やカップルでお揃いので合わせるのも良さそうです。

口が蓋に当たる

缶の飲み口が蓋に近いので、

飲むときに口が蓋に当たります

その分缶の出ている部分が少ないので、

より保冷力が良いと思います。

トレードオフなのでしょうがないことだと思います。

毎回洗うのは少し面倒と感じるかもしれません。

スポンサーリンク

イエティ 缶クーラー『ランブラーコルスター2.0』の保冷力は?

実際缶ドリンクを入れ保冷力を検証しました。

先に結果から言うと、

さすがイエティ!すごい保冷力です

検証の条件や結果について詳しく見ていきます。

検証条件

  • 日時:2022年4月9日13時〜
  • 場所:日が当たる縁側
  • 気温:34℃〜38℃
  • 缶ドリンク:緑茶
  • 温度確認時間:10分刻みで1時間

1時間も飲み終えずに置いていることは、

あまり現実的ではないですが、

今回は検証なので1時間までとします。

縁側を締め切って電気ストーブで暖めました。

直射日光をあたっており、

結構夏の暑い日に近い状態です。

検証結果

  • 開始時:6.1℃
  • 10分後:6.1℃(+0.0℃)
  • 20分後:6.3℃(+0.2℃)
  • 30分後:6.5℃(+0.4℃)
  • 40分後:6.9℃(+0.8℃)
  • 50分後:7.2℃(+1.1℃)
  • 1時間後:7.8℃+1.7℃

※カッコ内の数値は開始時の温度との差になります。

30分後

1時間後の上昇温度は+1.7℃と保冷できていたと言えるのはないでしょうか。

一般的に5℃〜15℃の間であれば冷たいと感じるそうです。

1時間後

実際1時間後の7.8℃の温度で飲んでみても、十分冷たいと感じました。

イエティの『ランブラーコルスター2.0』は、

夏の暑い日のキャンプで缶クーラーとして、

十分使用することができる保冷力があり、

さすがイエティだと改めて思いました。

気温や湿度ドリンクの種類や温度など条件の違いによって結果は異なり、

必ずこのような結果になるとは限らないので、

あくまでも参考程度にご考えください。

ワークマンダイソー3COINSの缶クーラーの保冷力検証も行っています。

ぜひ他の缶クーラーもご覧ください。

2022年夏最新!缶クーラーおすすめ7種の保冷力最強は?徹底比較!

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

イエティの缶クーラー『ランブラーコルスター2.0』について紹介しました。

缶クーラーは暑い日にすごく重宝し、

ぜひ1つは持っておいて損はないキャンプアイテムです。

イエティの缶クーラーは高価ですが、

保冷力、頑丈さ、カッコ良さ優れています。

一生物の缶クーラーが欲しい方におすすめです。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました