【ワークマンキャンプギア】薪割り斧!軽量ハンドアッキスが使いやすくておすすめ!

キャンプ用品
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはワークマンの薪割り用の軽量斧をご存知ですか?

2021年にワークマンがキャンプギアに本格参入をし、

どれもコスパが良いキャンプギアばかりで、

一気に注目を浴び人気になりました。

2022年春のキャンプギアについて→【ワークマン2022年春新製品】キャンプギア発売!テントやタープなど100点以上!

ワークマンから発売されている『軽量ハンドアッキス

という薪割り用の軽量斧がすごく使いやすいです。

「薪割り用の斧欲しいな〜でも大きいのはかさばるしな〜」

という方にすごくおすすめ軽量の斧です。

今回は『ワークマンの薪割り斧軽量ハンドアッキスについて』紹介します。

  • 軽量ハンドアッキスって?
  • 使いやすい?おすすめ?
  • ナイフ、ハンドアッキス、手斧どれがいい?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

2022年秋新製品について→【ワークマンキャンプギア】2022年秋に発売予定の新製品がやばい!徹底紹介!

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

『軽量ハンドアッキス』とは

  • サイズ(全長):約32cm
  • サイズ(刃):約12cm
  • 重量:約407g
  • 材質:ステンレス、ABS樹脂、ゴム塗装、ナイロン

軽量、コンパクト

重量が約407gで、サイズが軽量コンパクトな手斧です。

また通常の手斧と比べて刃が薄く

ナイフやナタに近いサイズ感です。

専用のシースが付属するので、

安全に持ち運びすることができます。

フルタング構造

刃の金属が持ち手まで繋がっている構造のことです。

全体が1つの金属で繋がっているので頑丈で、

薪割りに適しています。

持ちやすく、扱いやすい

持ち手部分が木の手斧が多く、

滑りやすく危険ですが、

ワークマンの『ハンドアッキス』は持ち手部分が樹脂で、

持ちやす形状をしているので、

滑りにくく扱いやすいです。

焚きつけ用の薪割りに最適

手斧にしては軽量すぎるので、

大きな薪やかたい広葉樹を一振りで割ることはできません

針葉樹に一度刃を入れて、

コンコンと叩きつけると割ることができ、

薪に少し刃が入れば捻って割ることもできます。

焚き付け用のあまりかたくない薪を割るのに最適です。

フェザースティックを作りやすい

新品に状態ですごく切れ味が良くコンパクトなので、

フェザースティックなど細かな作業がすごくしやすいです。

またバトニングで薪を割ることができるので、

ナイフとほとんど同じように使うことができます。

スポンサーリンク

ナイフ、ハンドアッキス、手斧どれがおすすめ?

正直ナイフとハンドアッキスの使い勝手は、

ほとんど同じように感じます。

いきなり大きな手斧を買うのはハードルが高いと思う方

ワークマンのハンドアッキスがすごくおすすめです。

ナイフの扱いやすさ、手斧の素早さの両方の良い点があります。

しかし「大きな薪を力強く割りたい」という方には

ワークマンのハンドアッキスは不向きです。

ワークマンのハンドアッキスはどっちかと言うと、

ナイフ寄りの軽量コンパクトな手斧です。

2022年秋新製品について→【ワークマンキャンプギア】2022年秋に発売予定の新製品がやばい!徹底紹介!

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

ワークマンの軽量ハンドアッキスについて紹介しました。

バトニングやフェザースティックなど

ナイフのように使える軽量コンパクトな手斧です。

ぜひ購入を検討している方は、

参考にしていただければと思います。

またワークマンから新製品がどんどん発売します。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました