【最強ソロテント】サーカスTCコンフォートソロ、ソロティピー1TCどっちが良い?

キャンプギア
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはどんなソロテントを使用していますか?

2022年に入りまだそれほど経っていませんが、

テンマクデザインからの新製品『サーカスTCコンフォートソロ

バンドックからの新製品『ソロティピー1TC フロントウォール

間違いなく大人気になる新製品が登場します。

どちらもソロ用TC生地のワンポールテントで、

似ている点が多いので、選ぶ時迷ってしまいます。

今回は『サーカスTCコンフォートソロ、ソロティピー1TC(+フロントウォール)どっちが良い?』について徹底比較します。

  • サーカスTCコンフォートソロって?
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール)って?
  • 違う点は?
  • どっちが良い?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

サーカスTCコンフォートソロソロティピー1TC用フロントウォールは、

まだ発売していないので

詳しいスペックが明らかになっていなく、

発売時には多少変更点がある可能があります

詳しくはそれぞれの公式サイトにてご確認ください

スポンサーリンク

『サーカスTCコンフォートソロ』とは

出典:テンマクデザイン
  • 使用サイズ:約362×340×230cm
  • 収納サイズ:約57×24(直径)cm
  • 重量:約11.28kg
  • 材質:TC生地(ポリエステル65%・コットン35%)、スチール
  • セット内容:ペグ(本体用)×16本、ペグ(設営ガイド用)×1本、張り綱×6本(2種)、収納ケース×4、設営用ガイドセット
  • カラー:サンド
  • 価格(Amazon):税込43780円
スポンサーリンク

『ソロティピー1TC(+フロントウォール)』とは

出典:バンドック

ソロティピー1TC

  • 使用サイズ:約240x240x150cm
  • 収納サイズ:約44x24x24cm
  • 重量:4.8kg
  • 材質:TC生地(ポリエステル65%・コットン35%)、アルミ合金
  • セット内容:フライシート×1、インナーシート×1、メインポール(150cm)×1、サブポール(190cm)×1、ペグ×14本・ロープ×5本 ・コンプレッションベルト付収納ケース×1
  • カラー:カーキ、ベージュ
  • 価格(Amazon):税込27800円

フロントウォール

  • 使用サイズ:約2400×800×1500mm
  • 収納サイズ:約360×160×160mm
  • 重量:約1.35kg
  • 材質:TC生地(ポリエステル65%・コットン35%)
  • 付属品:ペグ×3、エンドキャップ×1、収納ケース×1、取扱説明書
  • カラー:カーキ、ベージュ
  • 価格:Amazon価格8800円
スポンサーリンク

比較(相違点)

サイズ、形状

サーカスTCコンフォート
出典:テンマクデザイン
出典:Amazon
  • サーカスTCコンフォートソロ:約-x-x230cm(五角形)
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール):約240x240x150cm(正方形)

高さが80cmも異なり、

サーカスTCコンフォートソロでは腰を曲げずに立つことができます。

チェアを使用して座っても頭がテントに着きにくくゆとりがあります。

ソロティピー1TC(+フロントウォール)では、

地べたスタイルが良いです。

サーカスTCコンフォートソロは五角形正、

ソロティピー1TC(+フロントウォール)は正方形とテント形状の違いもあります。

重量

出典:Amazon
  • サーカスTCコンフォートソロ:-kg
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール):約4.8kg+約1.35kg=5.15kg

サーカスTCコンフォートソロの重量はまだ発表されていないので、

正確な重量は分かりませんが、

ソロティピー1TC(+フロントウォール)の方が軽いと思います。

サーカスTCシリーズ全てスチールポールなので、

おそらくサーカスTCコンフォートソロもスチールポールで、

ソロティピー1TC(+フロントウォール)よりサイズが大きい分重量も重くなります。

ちなみにソロティピー1TC(+フロントウォール)はアルミポールです。

カラーバリエーション

出典:Amazon
  • サーカスTCコンフォートソロ:サンド
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール):ベージュ、カーキ

今後サーカスTC、サーカスTCDXのようにダックグリーンの発売があるかもしれませんが、

サーカスTCコンフォートソロはサンド(ベージュ)の1色しかありません。

ソロティピー1TC(+フロントウォール)はベージュ、カーキと2色展開で、

カーキがすごく無骨感があり、

ミリタリーなカッコいいカラーです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: BD-76KA-3.jpg
出典:バンドック

付属品

出典:テンマクデザイン
  • サーカスTCコンフォートソロ:フロントフラップにメッシュ
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール):メッシュのインナーテント

ソロティピー1TC(+フロントウォール)はメッシュのインナーテントが標準装備するので、

虫が多い夏に蚊帳として使用することができます。

サーカスTCコンフォートソロはインナーテントは付属せず、

オプションパーツとして販売されそうです。

フロントフラップにメッシュが付いてるので、

ある程度は虫の侵入を防げそうです。

出典:Amazon

また二股ポールやグランドシートのオプションパーツも販売しています。

価格

  • サーカスTCコンフォートソロ:税込43780円
  • ソロティピー1TC(+フロントウォール):27800円+8800円(Amazon価格)=36600円

ソロティピー1TC(+フロントウォール)の方が7000円ほど安いです。

サーカスTCコンフォートソロの方がサイズが大きいので、

その分TC生地が多く必要で価格が高くなるのは必然ですが

ソロティピー1TC(+フロントウォール)のポールはアルミ製で、

専用のメッシュのインナーテントが標準装備します。

ソロティピー1TC(+フロントウォール)の方がかなりコスパが良いと思います。

スポンサーリンク

どっちが良い?

サーカスTCコンフォートソロ、ソロティピー1TC(+フロントウォール)のスペックについて比較しましたが、

「ズバリこっちが良い!」と決めるのは難しいので、

サーカスTCコンフォートソロはこんな方におすすめ!

ソロティピー1TC(+フロントウォール)はこんな方におすすめ!

という感じで紹介します。

参考にしてみて下さい。

サーカスTCコンフォートソロがおすすめな方

出典:テンマクデザイン
  • 高さや広さなどの居住性重視の方
  • 車でキャンプ行く方
  • いろんなキャンプスタイルをしたい方

ソロ用テントでもこれだけ高さがあるテントはそうないと思います。

居住空間が広く、いろんなキャンプスタイルをすることができます。

ソロ用テントにしては重量が重くなると思うので、

普段車でキャンプに行く方にすごくおすすめです。

ソロティピー1TC(+フロントウォール)がおすすめ方

出典:バンドック
  • 価格重視の方
  • 地べたスタイルをしたい方
  • カーキのカラーが良い方
  • いろんなアレンジをしたい方

メッシュのインナーテントが標準装備で、

フロントウォールを購入しても約35000円とかなりコスパが良いです。

カーキの色合いと地べたスタイルだと、

より無骨な感じ出ておすすめです。

フロントウォールの真ん中、サイドにファスナーが付いているので、

巻き上げ、跳ね上げといろんなアレンジがすることができます。

サーカスTCコンフォートソロソロティピー1TC用フロントウォールは、

まだ発売していないので

詳しいスペックが明らかになっていなく、

発売時には多少変更点がある可能があります

詳しくはそれぞれの公式サイトにてご確認ください

追記:フロントウォール販売が開始!

Amazonで予約販売が開始しています。

価格はなんと8800円

2月27日以降の発送だろうです。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

サーカスTCコンフォートソロ、ソロティピー1TC(+フロントウォール)どっちが良い?について徹底解説しました。

どちらもすごく良いテントで、

間違いなく今年すごく売れるソロテントだと思います。

販売開始したらすぐに完売してしまいそうな予感がします。

ぜひ興味があり欲しいという方は、

お早めにご検討ください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました