【UNDER-SKY】インフレータブルマットがおすすめ!寝心地が最高に良い!

キャンプギア
スポンサーリンク

※アフィリエイト広告を利用しています。

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはUNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットをご存知ですか?

キャンプマットは、

銀マット、インフレータブルマット、ウレタンマット、エアーマットなどあり、

地面からの底冷え対策や寝心地を高めるために必要なキャンプギアです。

キャンプ場でも快適な睡眠をしたい方は、キャンプマット選びがすごく重要です。

UNDER-SKYアンダースカイ)のインフレータブルマットは、

厚みは8cmと分厚く、もっちりとした肌触りで、

今まで寝てきたキャンプマットの中で一番寝心地が良いです。

寝心地の良し悪しは、人それぞれだと思いますが、

一度寝てみると、多くの方が「寝心地が良い!」と言って頂ける自信があります。

今回は『寝心地が最高に良い!UNDER-SKY インフーレータブルマットについて』紹介します。

  • UNDER-SKY『インフレータブルマット』って?
  • 寝心地の良いキャンプマットが欲しい!
  • キャンプであまり熟睡できない!

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプブログ『あきとぶ』では、キャンプのお役立ち情報を発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!(Instagramはこちら

スポンサーリンク

UNDER-SKY『インフレータブルマット』とは

出典:UNDER-SKY
  • 使用サイズ:約195×70×8cm
  • 収納サイズ:約70×20cm
  • 重量:約2.7kg
  • 材質:30Dリップストップナイロン、TPU、ウレタン
  • カラー:ブラック、タン、オリーブ
  • 価格(税込):6800円

UNDER-SKY(アンダースカイ)から発売されているインフレータブルマットです。

マットの中には、極厚弾性ウレタンスポンジが入っており、

バルブ(空気孔)を開けると、自動膨張するので、設営がすごく簡単で早いです。

他のインフレータブルマットとは異なり、

すごくもっちりとした肌触りで、寝心地が最高に良いです。

価格は税込6800円と、コスパ最強のインフレータブルマットです。

UNDER-SKY『インフレータブルマット』について詳しく紹介します。

シンプルでカッコいいデザイン

無駄なものは一切なく、シンプルでカッコいいデザインです。

バルブ(空気孔)付近に、ブランドゴロがプリントされており、

さりげなさが良く、すごくカッコいいです。

カラーは、ブラックの他にタン、オリーブの3色展開で、

キャンプサイトによって選ぶことができます。

出典:UNDER-SKY

8cm厚の極太弾性スポンジを採用

極太弾性ウレタンスポンジを採用しており、

厚みは、8cmとすごく分厚いです。

キャンプサイトの地面が、砂利や小石などでデコボコしていても、

全くと言っていいほど、デコボコを感じないです。

実際、インフレータブルマットの上で立っても、

地面の硬さや凹凸を感じることはないくらいです。

R値の記載はないですが、地面から8cmも離れているので、

底冷えを防ぐことができます。

さらに、座席などで凸凹になりがちの車中泊にもすごくおすすめです。

もっちりとした肌触り

一般的なインフレータブルマットとは異なり、

表面生地がもっちりとしており、肌触りがすごく良いです。

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットの一番の特徴であり、

「寝心地が最高に良い!」という最大の理由です。

ほとんどのインフレータブルマットは、ポリエステル生地を採用していますが、

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットは、

30Dリップストップナイロン生地を採用しています。

30D(デニール)は、生地の厚みを指し、

リップストップナイロンは、格子状にナイロン繊維が縫い込んだナイロンのことで、

通常のナイロンよりも引き裂き強度が高く、耐久性に優れています。

ナイロン生地の特徴の「伸び」がもっちり感に繋がっていると思います。

横幅70cmとゆったり設計

横幅60〜65cmのインフレータブルマットが多い中、

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットは、

横幅70cmとワイドサイズで、ゆったりと寝ることができます。

体の大きい方や、寝返りをよく打つ方などでも、

安心のゆったり設計です。

設営がすごく簡単&早い「デュアルエアバルブ」を採用

マットの中には、極厚弾性ウレタンスポンジが入っており、

バルブ(空気孔)を開けると、自動膨張します。

あまり見ないデュアルエアバルブを採用しており、

設営がすごく簡単&早いです。

設営方法

マットを広げて、バルブの蓋を開け、

バルブを「IN」の方に回すと、空気が入ります。

もっと早く空気を入れることもでき、

もう一段階バルブを開けると、たくさんの空気が一気に入ります。

撤収方法

バルブの蓋を開け、

バルブを「OUT」の方に回すと、空気が出ていきます。

頭側からくるくるの丸めながら空気を抜きます。

(2、3回に分けて空気を抜くと簡単!)

収納袋&ポンプバッグが標準装備

ショルダーベルト付きの収納袋が標準装備しています。

底部分にブランドロゴがプリントされており、すごくカッコいいです。

まとめるゴムベルドもありますが、

収納袋があると持ち運びにすごく便利です。

また、ポンプバッグも標準装備します。

設営の際、自動膨張である程度は膨らみますが、

硬さ調整で、もう少し空気を入れた時に重宝します。

(1回程度でいっぱいになるので、すごく簡単!)

税込6800円とコスパ最強

価格は税込6800円と、一般的なインフレータブルマットと同様の価格帯ですが。

「8cm厚の極太弾性スポンジ、もっちりとした肌触り、寝心地の良さ、設営のしやすさ」など、

機能性の素晴らしさを考慮すれば、

むしろ安いまで思うコスパ最強のインフレータブルマットです。

さらに、セット割引があり、

2つセットで13000円と、1つ当たり6500円で購入することができます。

スポンサーリンク

寝心地が最高に良いインフレータブルマット!

実際に購入し、自宅、キャンプ、車中泊で使用していますが、

ベットで寝ていると変わらないくらい、寝心地が最高に良いです。

「8cm厚の極太弾性スポンジ、もっちりとした肌触り」により、

肩や腰が程よく沈み、全く凝ったり負担が掛かったりしないです。

また、頭側が数cm高くなっているので、

枕代わりになり、枕無しでも快適に寝ることができます。

(※高い枕が好みの方には物足りなく感じると思います)

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットは、

寝心地の良さを追求した素晴らしいインフレータブルマットです。

キャンプや車中泊で快適に睡眠したい方は、

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマット一択です!

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

寝心地が最高に良い!UNDER-SKY インフーレータブルマットについてについて紹介しました。

UNDER-SKY(アンダースカイ)のインフレータブルマットは、

マットの中には、極厚弾性ウレタンスポンジが入っており、

バルブ(空気孔)を開けると、自動膨張するので、設営がすごく簡単で早いです。

他のインフレータブルマットとは異なり、

すごくもっちりとした肌触りで、寝心地が最高に良いです。

価格は税込6800円と、コスパ最強のインフレータブルマットです。

ぜひUNDER-SKY『インフレータブルマット』をチェックしてみてください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました