【ワークマン防寒手袋】フュージョンダウングローブが冬キャンプにおすすめ!

キャンプギア
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはワークマンの大人気ダウン「フュージョンダウン」を採用した防寒手袋をご存知ですか?

ワークマンは、2021年にキャンプギアに本格参入し、

2022年春には、オリジナル製品も含め、100点以上も発売し、

今や立派なアウトドアブランドとしても認知されています。

2022年秋に第二弾となる新作キャンプギアがたくさん発売します。

【ワークマンキャンプギア】2022年秋に発売予定の新製品がやばい!徹底紹介!

当ブログでもワークマンキャンプギアをたくさん紹介してきました。

ワークマン新作の「フュージョンダウン」を採用した防寒手袋が、

すごく暖かく、冬キャンプにすごく良さそうだと思い、

今回は『冬キャンプにおすすめ!ワークマンの2種類のフュージョンダウングローブについて』紹介します。

  • フュージョンダウングローブって?
  • 実際どう?おすすめ?
  • 冬キャンプ用に暖かい手袋が欲しい!

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

REPAIR-TECH(R)FUSION DOWN(リペアテックフュージョンダウン)グローブ

出典:ワークマン

  • サイズ:M、L、LL
  • 重量:約102g
  • 材質:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、フュージョンダウン、合成皮革
  • カラー:ブラック、カーキ、レッド
  • 価格(税込):1900円

ワークマンから発売されているフュージョンダウンを採用した防寒手袋です。

大人気の高機能中綿「フュージョンダウン」×針穴が塞がる魔法の生地「リペアテック』を採用した

高スペックの防寒手袋です。

内側は裏起毛により、手を入れるとすぐに暖かくなり、

手のひらはストレッチ素材により、手が動かしやすいです。

『REPAIR-TECH(R)FUSION DOWN(リペアテックフュージョンダウン)グローブ』について詳しく紹介します。

日常、アウトドアどちらでも使えるシンプルなデザイン

カラー、デザイン、ロゴなどすごくシンプルで、

キャンプだけでなく、日常でも使用することができます。

ブラック、カーキ、レッドの3色展開で、どれもシンプルでカッコいいです。

両手に小さなバックルが付いているので、

バラバラにならずに、収納や持ち運びすることができます。

暖かい高機能綿「フュージョンダウン」を採用

ワークマンで大人気のフュージョンダウンは、

天然ダウン45%、フェザー5%、吸湿発熱綿(化学繊維)50%の構成比でしたが、

天然ダウン35%、フェザー5%、吸湿発熱綿(化学繊維)60%に変更され、

名称もフュージョンダウン+(プラス)に変更されました。

出典:ワークマン

天然ダウンが10%減りましたが、暖かさは以前の構成比とあまり違いはなく、

天然ダウン特有の匂いがほとんど無く、洗濯に強いです。(洗濯ネットに入れて洗濯が可能)

吸湿発熱綿は、通常のポリエステルの中綿より最大2℃以上も吸湿発熱性があり、すごく暖かいです。

自己修復する魔法の生地「リペアテック」を採用

フュージョンダウンがたくさん詰まっている表地の生地は、

自己修復する魔法の生地「リペアテックを採用しています。

針を刺して穴が空いても、針穴が綺麗に塞がります。

中のダウンの吹き出しを抑え、風を通しにくくなります。

『フュージョンダウン×リペアテック』と理にかなった高機能かつ暖かい防寒手袋です。

裏地は暖かく、肌触りが良い裏起毛

裏地(内側)は、裏起毛素材を採用しているので、

すごく暖かく、肌触りが良いです。

裏起毛であることで、手を入れると、すぐ暖かくなり、

外部からの冷気が伝わりにくいです。

ストレッチ素材で手が動かしやすい

手のひらは、手の甲に素材とは異なり、

ストレッチ素材を採用しているので、

ストレッチが効いており、手が動かしやすいです。

手を広げた時に、突っ張る感じがなく、

伸び伸びと手を広げることができます。

ストレッチ素材であるが、手のひらに滑り止めはないので、

自転車やバイクで使用する時は、注意が必要です。

完全防水ではないが、撥水する

手のひら以外の手首、手の甲のシャカシャカしたところは、

完全防水ではないですが、撥水加工が施されており、水を弾くので、

突然の雨などでも安心です。

手のひらは、防水、撥水加工が施されていないので、

水に濡れてしまうと、すぐに染み込んでしまいます

雪などで使用する時は、次に紹介する『防風防水ダウングローブ』をおすすめします。

スポンサーリンク

防風防水ダウングローブ

出典:ワークマン

  • サイズ:M、L、LL
  • 重量:約146g
  • 材質:ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン、フュージョンダウン、合成皮革
  • カラー:ブラック、イエロー、デニム
  • 価格(税込):2900円

ワークマンから発売されているフュージョンダウンを採用した防寒手袋です。

ワークマンの防水機能付きブランド「AEGIS(イージス)シリーズ」のフュージョンダウングローブです。

大人気の大人気の高機能中綿「フュージョンダウンを採用しながら、

高い防水機能を付帯させた高スペックの防寒手袋です。

『防風防水ダウングローブ』について詳しく紹介します。

日常、アウトドアどちらでも使えるシンプルなデザイン

カラー、デザイン、ロゴなどすごくシンプルで、

キャンプだけでなく、日常でも使用することができます。

ブラック、イエロー、デニムの3色展開で、どれもシンプルでカッコいいです。

両手に小さなバックルが付いているので、

バラバラにならずに、収納や持ち運びすることができます。

暖かい高機能綿「フュージョンダウン」を採用

ワークマンで大人気のフュージョンダウンは、

天然ダウン45%、フェザー5%、吸湿発熱綿(化学繊維)50%の構成比でしたが、

天然ダウン35%、フェザー5%、吸湿発熱綿(化学繊維)60%に変更され、

名称もフュージョンダウン+(プラス)に変更されました。

出典:ワークマン

天然ダウンが10%減りましたが、暖かさは以前の構成比とあまり違いはなく、

天然ダウン特有の匂いがほとんど無く、洗濯に強いです。(洗濯ネットに入れて洗濯が可能)

吸湿発熱綿は、通常のポリエステルの中綿より最大2℃以上も吸湿発熱性があり、すごく暖かいです。

防水性、耐風性に優れている

ワークマンの防水機能付きブランドである「AEGIS(イージス)シリーズ」の防寒手袋なので、

耐水圧20000mm、透湿5000g/㎡•24hと、

防寒性だけでなく、防水性や耐風性にも優れています。

雪の降らない冬キャンプではもちろん、

雪中キャンプでも大活躍する防寒手袋です。

手の甲は撥水し、手のひらは染みますが、

手が濡れることはないです。

裏地は暖かく、肌触りが良い裏起毛

裏地(内側)は、裏起毛素材を採用しているので、

すごく暖かく、肌触りが良いです。

裏起毛であることで、手を入れると、すぐ暖かくなり、

外部からの冷気が伝わりにくいです。

手首部分が細くなっており、さらにしっかりとした綿ファスナーがついているので、

手首に密着し、冷気がほとんど入らないようになっています。

ストレッチ素材で手が動かしやすい

手の甲に防水性、耐風性などに優れている生地を採用しているので、

先ほど紹介した『REPAIR-TECH(R)FUSION DOWN(リペアテックフュージョンダウン)グローブ』よりも、

かたく、分厚い質感ですが、

同様に、手のひらにストレッチ素材を採用しているので、

ストレッチが効いており、手が動かしやすいです。

手を広げた時に、突っ張る感じがなく、

伸び伸びと手を広げることができます。

ストレッチ素材であるが、手のひらに滑り止めはないので、

自転車やバイクで使用する時は、注意が必要です。

スポンサーリンク

注意点&気になる点

サイズは大きめを選ぼう

中綿にフュージョンダウンがふんだんに使用され、

内側は裏起毛になっており、結構モコモコしているので、

表記サイズより小さく感じます

1〜2サイズ大きいものを選ぶことをおすすめします。

店頭で購入する際は、一度試着すると確実です。

耐熱性はないので、熱いものは持たないように

キャンプにおすすめ防寒手袋とおすすめしましたが、

革手袋のように耐熱性はないので、

焚き火周りで使用する時は、熱いものを触らないように注意が必要です。

焚き火の火の粉が当たってしまうと、すぐに穴が空いてしまうと思うので、

焚き火周りでは極力使用しない方が良さそうです。

タッチパネル対応だが、、、

どちらの防寒手袋も、親指と人差し指が合成皮革になっており、

タッチパネル対応と記載されていますが、

スマホを数回タッチしてたまに反応する程度で、ほとんど使用できないくらいの接触感度です。

中綿がたくさん入っているので、

スマホをタッチして細かい作業することには、適していないです。

まとめ

どうでしょうか?

冬キャンプにおすすめ!ワークマンの2種類のフュージョンダウングローブについて紹介しました。

中綿にフュージョンダウンを採用したフュージョンダウングローブは、

冬キャンプに大活躍するおすすめの防寒手袋です。

ワークマンにしては、少し価格が高いですが、

どちらも高スペックなので、コスパは高いです。

ぜひワークマン店頭で手に取ってみてください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました