【岐阜県温泉付きキャンプ場】連泊がお得!ささゆりの湯オートキャンプ場がおすすめ!

キャンプ場
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんは岐阜県のささゆりの湯オートキャンプ場』をご存知ですか?

岐阜県は山や川など大自然が多く、

良いキャンプ場がたくさんあります。

その中でも『ささゆりの湯オートキャンプ場』は、

名前の通り温泉施設が併設されているキャンプ場です。

フリーサイトは予約が必要なく、

「キャンプがしたい!」と思ったら気軽に行くことができます。

設営場所、利用時間など細かな決まりがなく、

自由度が高く、連泊がすごくお得なキャンプ場です。

実際に利用させて頂き、

温泉含め、すごく良いキャンプ場だったので、

今回は『岐阜県温泉付きキャンプ場 ささゆりの湯オートキャンプ場について』紹介します。

  • ささゆりの湯オートキャンプ場って?
  • 岐阜県のキャンプ場を探している
  • 温泉付きのキャンプ場を探している
  • 連泊をしたい

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

キャンプのお役立ち情報を毎日発信しております。

あきとぶ』をぜひチェックしてみてください!

スポンサーリンク

『ささゆりの湯オートキャンプ場』基本情報

出典:ささゆりの湯
  • 住所:〒509-7831 岐阜県恵那市串原3111−4
  • 電話番号:0573-52-2960
  • 利用料金:3000円〜4500円
  • サイト:フリーサイト、区画サイト、AC電源サイト
  • その他料金:針葉樹(ヒノキ)1束550円、広葉樹(なら)1束650円、炭(700g)190円、炭(3kg)880円、薪割り台500〜800円、スウェーデントーチ300〜1000円、バトニング棒800円
  • チェックイン:13:00〜(フリーサイトは決まりなし)
  • チェックアウト:〜12:00(フリーサイトは決まりなし)
  • 予約方法:公式ホームページ(フリーサイトは予約不要)
  • 公式ホームページ:ささゆりの湯

岐阜県恵那市にある温泉付きのキャンプ場です。

標高464mの山頂付近にあるキャンプ場で、

すごく景色が良く、大自然を感じてキャンプをすることができます。

サイト利用料金

基本的にサイトの料金は、

人数やテント数は制限はなく車1台で計算され、

サイトの種類によって異なります。

車1台の1泊の料金

  • フリーサイト:3000円(2泊目以降1000円)
  • 区画サイト:3500円(2泊目以降1500円)
  • AC電源サイト:4500円(2泊目以降2500円)
  • デイキャンプ:1500円

フリーサイト連泊の場合、2泊目以降は1泊1000円で利用することができ、

バイクや徒歩の場合は、基本料金の半額で利用することができます。

※平日、土日祝、繁忙期など全て同様の料金です。

予約方法

区画サイトAC電源サイトは、

公式ホームページより事前予約が必要です。

予約手順

  1. ささゆりの湯のホームページアクセス
  2. 施設案内のオートキャンプをクリック
  3. 下記の画像をクリックし、予約ページへ
出典:ささゆりの湯

フリーサイトは予約が不要なので、

好きな日に、好きな時間に行き、キャンプをすることができます。

受付「マレットハウス」の営業時間が8:00〜ですが、

チェックインの時間が決まっていないので、

8時前に先に設営することも可能です。

4.5時など早朝の設営は他のキャンパーの方に迷惑なるので、

常識の範囲内の時間帯で設営しましょう!

通常日チェックイン方法

キャンプ場に近づくと、左側に緑色の屋根の管理棟「マレットハウス」が見えます。

管理棟「マレットハウス」でキャンプ場の受付を行います。

管理棟の駐車場に車を止めて、入り口に申込書があるので、

必要事項を記入し、料金を精算します。

精算を終えると、受付票を貰えるので、

外から見えるように車内(フロント)に置いておきます。

受付票はチェックアウト時にボックスに返却します。

定休日(水曜日)チェックイン方法

管理棟「マレットハウス」は、毎週水曜日が定休日です。

定休日だからと言ってキャンプ場が利用できないわけではないですが、

チェックイン方法が通常と異なります。

管理棟「マレットハウス」はそのまま素通りして、

キャンプサイトに入り、キャンプを始めていても良いです。

キャンプをしていると自分たちのサイトまでキャンプ場の方が来てくださり、

受付をしてくれます。

あとは通常のチェックインと同じく、申込書を記入し、

料金を精算し、受付票を貰えるので、

外から見えるように車内(フロント)に置いておきます。

温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」も毎週水曜日が定休日なので、

チェックイン日は温泉に入ることができません。

スポンサーリンク

サイト

出典:ささゆりの湯

フリーサイト区画サイトAC電源サイトの3種類のサイトがあります。

基本的に全てのサイト車乗り入れ可能のオートサイトです。

キャンプ場内は舗装された道もあり、

2WDでも問題なく通ることができます。

それぞれサイトについて詳しく紹介します。

フリーサイト

フリーサイトは、区画サイト、AC電源サイト以外の場所、

どこでも設営して良いフリーすぎるサイトです。

管理棟「マレットハウス」すぐ近くのサイト、

炊事場、トイレ付近の砂利サイト、

温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」に向かう道沿いや前の高台など

「ここはだめですよ」という注意書きがある所以外は、

どこでも設営して良いです。

温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」の前の高台は、

キャンプ場を一望でき、すごく景色が良いです。

しかしキャンプ場内のサイトは、車の横付け可能ですが、

道沿いや高台などは、車を第2駐車場に駐車しなければいけません。

フリーサイトは予約が不要なので、

混雑時は朝早く行かないと良い場所が確保できないかもしれません。

砂利サイトは、トイレ、炊事場がすごく近く、

山や木々を背にできるので、一番人気があるサイトのようです。

僕は平日に行き、砂利サイトを利用させて頂きましたが、

キャンパーが15組ほどおり、平日にしては多く感じました。

土日はすごく混雑するようなので、

朝早く行き、場所を確保する必要があります。

区画サイト

管理棟「マレットハウス」の前の舗装された道を真っ直ぐ行くと、

縦に①〜④の全4区画あります。

区画サイト間に仕切りは柵などは無く、ロープのみです。

芝生&砂利サイトで、車横付けできるので、

設営&撤収がすごくしやすいです。

区画サイトは、事前予約が必要なサイトなので、

土日など混雑した日でも場所を確保することができます。

確実に場所を確保したい方におすすめです。

AC電源サイト

区画サイトの奥にA〜Hの全8サイトあり、

区画サイトにAC電源が付いたようなサイトです。

サイト間に気持ち程度の柵があります。

区画サイト同様、芝生&砂利サイトで、車横付けできるので、

設営&撤収がすごくしやすいです。

AC電源があると寒い冬の暖房器具や、

暑い夏の冷房器具を使用するのにすごく便利です。

AC電源サイトも区画サイト同様、事前予約が必要なサイトなので、

土日など混雑した日でも場所を確保することができます。

確実に場所を確保したい方や小さいお子さんがいるファミリーにおすすめです。

スポンサーリンク

施設

出典:ささゆりの湯

管理棟「マレットハウス」

先ほど紹介しましたが、

管理棟「マレットハウス」は、キャンプ場に近づくと、

すぐ左側に見える緑の屋根の建物です。

営業時間は8:00〜17:00で、

閉店10分前くらいにキャンプ場のオーナーより場内にアナウンスが流れます。

入り口付近にキャンプ場受付の申込書が置いてあります。

キャンプ場受付以外に、

グランドゴルフ、マレットゴルフの受付を行う所です。

管理棟内に薪や炭、キャンプの消耗品、日用品、直産野菜、肉やソーセージ、お酒やジュース、アイス、お土産など様々なものが販売されています。

特に直産野菜は安く、品揃えが豊富なので、

現地で買っても良さそうです。

マレットハウス一番人気のバジルソーセージがすごく美味しかったです。

また自動販売機がたくさんあるので、

飲み物には困らないと思います。

キャンプをする方はぜひ立ち寄ってみてください。

トイレ

メインのトイレは、キャンプ場内の真ん中あたり(砂利サイト内)にあるので、

どこのサイトからでも割と近いです。

すごく広く、男女分かれており、優先トイレもあります。

ウォシュレット付きの洋式トイレで、

掃除が行き渡っていてすごく綺麗なトイレです。

他にも管理棟「マレットハウス」にも男女分かれている綺麗なトイレがあります。

また第2駐車場にも新設された綺麗なトイレがあります。

炊事場

キャンプ場内のトイレのすぐ奥に1つあります。

屋根があるので雨の日でも安心です。

シンク8つ、蛇口16つもあるので、

混雑時でも待つことなく洗い物ができます。

トイレ同様に毎朝掃除を行なっているので、

すごく綺麗に保たれています。

食べ残しや生ゴミは、そのまま流すのではなく、

自分で回収する必要があります。

三角コーナーネットを持っておくことをおすすめします。

コインランドリー

管理棟「マレットハウス」の裏あたりにコインランドリーがあり、

洗濯機、乾燥機それぞれ2台ずつあります。

洗濯機は300円(40分)、乾燥機は200円(60分)なので、

洗濯・乾燥でも500円と安いです。

コインランドリーがあるキャンプ場はあまりないと思います。

夏の暑い日や連泊時にすごく便利です。

軽食・喫茶「ささゆりの里」

管理棟「マレットハウス」の横に軽食・喫茶「ささゆりの里」があります。

営業時間は8:30〜17:00で、

8:30〜11:00にモーニング(450円)があります。

他にも定食、丼などガッツリしたものや唐揚げ、コロッケ、アイスなど軽食もあります。

お持ち帰りもできるので、

自分のキャンプサイトで食べることができます。

コロッケ、アイスすごく美味しかったです。

温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」

キャンプ場よりも高い山頂に温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」があります。

山頂の露天風呂からみる景色は絶景です。

出典:ささゆりの湯

遠くまで見る山々と青空がすごく綺麗で、

心と体が同時にリラックスできます。

日帰り温泉で、駐車場もありますが、

キャンプ場内から歩いて行くことができます。

  • 営業時間:9:00〜21:00(受付終了20:00)
  • 料金:大人 600円、小人400円
  • 定休日:毎週水曜日

キャンプ場利用者は、温泉の受付で申し出ると、

1回分の料金で1日2回まで入ることができます。

夏の暑い日や連泊時にすごく良いです。

グランドゴルフ・マレットゴルフ

出典:ささゆりの湯

管理棟「マレットハウス」の道を挟んで反対側にグランドゴルフ場

キャンプサイトの目の前にマレットゴルフ場があります。

グランドゴルフは、もみじコース(8ホール)、つつじコース(8ホール)の2つコースがあります。

マレットゴルフは、林間コースのささゆりコース(18ホール)、平坦コースのさくらコース(18ホール)あり、好みのコースを選んで楽しむことができます。

どちらも利用料金は、大人300円、小人200円で、

道具利用料金は、大人100円、小人は無料です。

管理棟「マレットハウス」で受付を行います。

グループやファミリーでわいわいと楽しむことができます。

スポンサーリンク

買い出し

ささゆりの湯オートキャンプ場から車で15分圏内

『バロー明智店』、『ケンキー明智店』などスーパーがあります。

愛知県方面から行くと、山道が40分くらい続くので、

キャンプ場近くの道中にはスーパーはありません。

キャンプ場と越えて反対方向に車を走らせたくない方は、

事前に買い出しをしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめ(最高)ポイント

キャンプ場のロケーションが良い

標高464mの山頂付近のキャンプ場なので、

山や木々に囲まれており、大自然の中でキャンプをすることができます。

空との色のコントラストが最高に綺麗です。

どこのサイトからでもキャンプ場全体を見渡せるので、

開放感がすごくあります。

さらに高台のサイトからは、

キャンプ場内全体を上から見渡すことができ、

すごく景色が良いです。

フリーサイトは予約不要

フリーサイトは予約が不要なので、

思い立った時に、気軽にキャンプをすることができます。

予約がいっぱいで、予約が取れずキャンプを諦めるということが無く、

キャンプをすることができます。

土日祝日は混雑するので、

朝早めに行くことをおすすめします。

フリーサイトはチェックイン・チェックアウト時間が決まっていない

『予約方法』で紹介しましたが、

区画サイト、AC電源サイトはチェックイン13:00〜、チェックアウト〜12:00と決まっていますが、

フリーサイトは明確な時間が決まっていません

実際僕がキャンプした時は、

朝10時にチェックインをして、翌日18時くらいにチェックアウトをしました。

翌朝の撤収の時間など気にせずに寝ることができます。

1泊のキャンプでも長い時間、ゆっくりとキャンプを楽しむことができます。

設営&撤収、車の移動など他のキャンパーの方に迷惑にならないよう、

常識の範囲内の時間にチェックイン・アウトを行いましょう!

敷地内だったらどこでも設営可能

『フリーサイト』で紹介しましたが、

平地のキャンプ場内でなくても、

道沿いの所、温泉の前の高台の所など

敷地内でしたらどこでも設営することができます。

さらに土日祝日はグランドゴルフエリアなども開放され、設営することができます。

混雑時に設営するところがないと思っても、

管理棟の方に聞いてみると、どこかしら設営できる所を教えてくれます。

トイレ、炊事場が綺麗

キャンプ場で意外に気にするポイントの1つが「トイレ、炊事場の綺麗さ」だと思います。

ささゆりの湯オートキャンプ場のトイレ、炊事場は、

掃除が行き渡っていてすごく綺麗で、利用しやすいです。

さらにトイレ、炊事場どちらもキャンプ場内の真ん中辺りにあるので、

どこのサイトからでも比較的に近いです。

街灯もあるので、夜でも安心して利用することができます。

温泉が歩いてすぐ

ささゆりの湯オートキャンプ場という名前だけあって、

温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」がキャンプ場のすぐ上の高台の所にあります。

キャンプ場内の砂利サイトに温泉に上がっていける階段があるので、

歩いてすぐ行くことができます。

遠いサイトからでも十分歩いて行ける距離にあります。

温泉の駐車場もあるので、もちろん車で行くこともできます。

利用料金がすごく安い

キャンプ場のロケーションや設備すごく良く、

「チェックイン・アウトの時間がない」「人数やテント数制限がない」など自由度が高いにも関わらず、

1泊3000円(フリーサイト)はすごく安いと思います。

区画サイトやAC電源サイトでも1泊5000円以下と、

リーズナブルな料金ながら高規格なキャンプ場で、

ぜひ行ってみて頂きたいすごくおすすめなキャンプ場です。

スポンサーリンク

連泊がすごくお得!

チェックイン・アウトの時間が決まっていないので、

1泊でも長い時間キャンプを楽しむことができます。

しかし2泊目以降のキャンプ場利用料金が1000円(フリーサイト)なので、

連泊するほど1泊分の利用料金が安くなります。

例)1泊分の料金

  • 1泊の場合:3000円
  • 2泊の場合:2000円
  • 3泊の場合:1666円
  • 4泊の場合:1500円

さらにキャンプ場利用者は、温泉「くしはら温泉 ささゆりの湯」を

1回分の料金で1日2回まで入ることができます。

キャンプ場内にコインランドリーがあるので、

洗濯・乾燥をキャンプ場で行うことができます。

個人的にすごくお得な連泊プラン

  • フリーサイト2泊利用:4000円
  • 温泉2日目に朝・夜利用:600円

2泊の連泊(温泉付き)で5000円以下とすごくお得です。

スポンサーリンク

注意点:ゴミ、灰は全て持ち帰り

先ほど連泊がお得でおすすめと言いましたが、

ゴミが全て持ち帰りなので、

ゴミが捨てれないという欠点があります。

ゴミ袋が必須で、連泊でも匂いが漏れにくいゴミ箱が必要です。

また消し炭や灰も全て持ち帰りなので、

火消し壺があると便利です。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

岐阜県温泉付きキャンプ場『ささゆりの湯オートキャンプ場』について紹介しました。

絶景の温泉付きのリーズナブルかつ高規格なキャンプ場です。

実際利用してみてすごく良く、

すごくおすすめしたいキャンプ場です。

岐阜県ですが愛知県のすぐ隣あるキャンプ場なので、

愛知県からでも比較的に近いです。

ぜひ利用してみて頂きたいキャンプ場です。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました