【ワークマンキャンプギア】BASICドームテントがコスパ最強!使用レビュー

キャンプ用品
スポンサーリンク

キャンプがしたい

どうもあきとです。

みなさんはワークマンの新作キャンプギアをご存知ですか?

2021年にワークマンがキャンプギアに本格参入をし、

どれもコスパが良いキャンプギアばかりで、

一気に注目を浴び人気になりました。

2022年2月22日に一気に新作キャンプギアの販売がWebにて開始され、

開始後1時間くらいはネットワークが繋がりずらい状況が続いていました。

テント、タープ、シュラフなど様々なキャンプギアが完売になってしまいました。

間違いなく2022年大注目のキャンプブランドです。

今回は新製品の中でも注目度が高いソロテント『BASICドームテントについて』紹介します。

  • ワークマンの新製品って?
  • BASICドームテントって?
  • 実際どう?おすすめ?

このように思っている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ワークマンのキャンプギアの特徴

ワークマンのキャンプギアは、

はじめてキャンプする方キャンプ初心者の方に向けて商品開発をしています。

そのため価格はできるだけ抑え

安心して使える規定に順次して作られています。

「安すぎて心配だな」と思うかもしれませんが、

SGマークを取得しており(一般財団法人 製品安全協会に認められている)、

安心安全な製品です。(SGマーク:安全基準、製品認証、事故賠償)

テントなどにSGマークがついています。

(全てのキャンプギアに付いているかは不明です)

出典:SGマーク

ワークマン独自の高機能素材をそのままキャンプギアに使用し、

ワークマンにしか作れないたくさんのキャンプギアがあります。

『ワークマン独自開発の技術』

FLAME-TECH®  バーベキューや焚火の火の粉に強い「防融加工」をテント/タープに使用
DIAGUARD®    虫が近寄らない防虫加工をテントに使用
ブラックアルミ   自身の熱を反射して温まるので、シュラフに最適
FUSION DOWN  最強の防寒ダウンに使われた素材をそのままシュラフに転用

ワークマン

キャンパーの方たち(ワークマンアンバサダー)の意見を参考に、

「あったらいいな」を低価格で実現してくれる今までにないアウトドアブランドです。

スポンサーリンク

新製品『BASIC(ベーシック)ドームテント』

  • 使用サイズ:約215×104×98cm
  • 収納サイズ:約直径13×55cm
  • 重量:約2.5g
  • 材質:テント ポリエステル、ポール グラスファイバー
  • 耐水圧:フライシート2000mm、フロアシート3000mm
  • カラー:グリーン、コヨーテブラウン、ネイビー、迷彩、レッド、キャメル
  • 価格(税込):4900円

ダブルウォールのソロ用ドームテントです。

バックルで締めることができるので、

さらにコンパクトになり、

持ち手が付いているので、持ち運びも簡単です。

設営、形状、価格全てに関して初めてのソロ用テントにぴったりです。

先ほど紹介したSGマークを取得しているので、

安心安全に使用することができるテントです。

詳しく紹介していきます。

ワークマンのフュージョンダウンシュラフについてはこちら

【ワークマンキャンプギア】大人気即完売!フュージョンダウンシュラフがすごい!

吊り下げ式なので設営が簡単

ドームテントには主にスリーブ式と吊り下げ式があります。

スリーブ式テントは、

テントに付いているスリーブにポールを通しますが、

ポールが引っ掛かったり、ポールの連結部分が外れたりと、

キャンプ初心者の方だと少し難しいと感じるかもしれません。

吊り下げ式テントは、

ポールを組み立て、テント下部に固定すれば、

あとはテントに付いているフックをポールに引っ掛けるだけなので、

キャンプ初心者の方でも1人で比較的簡単に設営することができます。

設営方法

収納袋から全て取り出す

右:フライシート

左:インナーテント

インナーテントを広げる

入り口のファスナーが付いている方が前です。

ポールを組み立てる

ショックコードで繋がっているので、

組み立てが簡単です。

インナーテントの角の歯止め穴にポールを引っ掛ける
ポールを立ち上げ、インナーテントのトップをポールに結びつける
インナーテントのフックをポールに付ける
フライシートをインナーテントに被せる
下部の角のバックルでフライシートとインナーテントを繋げる

テントの張りを調節します。

ベンチレーションを開ける
ポールにフライシートを結び付ける
必要に応じてペグダウンする
完成!

最低限必要な機能が装備されている

後方のベンチレーション

ランタンフック

収納ポケット

前室

最低限必要な機能が全て備わっており、

十分満足してキャンプすることができます。

少し短いが専用のキャノピーポール付き

前室部分を跳ね上げることができる専用のキャノピーポールが標準装備します。

SGマーク取得の関係(重量)で、

キャノピーポールの長さが少し短なってしまっています。

そのため別売りで延長ポール(約18cm)があります。

延長ポールなしで設営してみましたが、

個人的にはそれほど気になりません

299円とすごく安いので、購入してみても良いと思います。

カラーバリエーションが豊富

出典:ワークマン

コヨーテブラウン、ネイビー、グリーン、レッド、キャメル、迷彩の6色展開です。

ワークマンアンバサダーの方が、

プロデュースしたカラーもあります。

  • FUKUさん:グリーン
  • サリーさん:コヨーテブラウン
  • ゆうみょんさん:レッド

どれもあまりないようなカラーで、

すごくおしゃれです。

コスパ最強

税込4900円という破格です。

決して豪華な作りではないですが、

必要最低限の機能が備わっており、

価格を極限まで下げているコスパ最強テントです。

キャンプ初心者の方が初めて購入するテントにすごく良いです。

注意点:付属のペグは貧弱

ペグが付属しますが、

細く貧弱なアルミペグです。

地面の柔らかい芝生なら刺さり、使えないことはないですが、

別で鍛造ペグ、チタンペグの購入をおすすめします。

スポンサーリンク

購入方法

ワークマン公式オンラインストアで購入し

お近くのワークマン店舗で受け取りになります。

お支払いはワークマン店舗にて行います。

店舗によっては取り扱いがあるところもあります。

(店舗に確認することをおすすめします)

商品名の前に『WEB限定』の文字が付いている商品も同様です。

他のキャンプギアの完売商品については、

ワークマン公式オンラインストアにて入荷予定を確認することができます。

スポンサーリンク

まとめ

どうでしょうか?

ワークマン新製品キャンプギアのBASICドームテントについて紹介しました。

ワークマンらしいベーシックなコスパ最強のテントです。

「テントを持っていない」

「キャンプしてみたい」

って方にすごくおすすめするテントです。

ぜひ購入を検討してみてください。

自分なりのキャンプスタイルを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました